各弦独立式ピックアップ その2

小さい穴から除々に大きくしていく。いきなり高速回転でやったり、大きな刃でやると、穴を開けたい位置からズレるし圧電素子が剥げるので注意。

大体2ミリ位から始めて、間に一本ちがう太さのをはさんでブリッジの軸の直径の6ミリ位にする感じ。

こんな感じでオッケー。写真右下のようなクランプで圧電素子自体がドリルの刃と一緒に回転してしまわないようにしてあげるとラク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です